2008年03月08日

3/8 金沢八景「鴨下丸」メバル→イシモチ

今日は久々に夫婦揃って出かけましたハートたち(複数ハート)

釣り物はギリギリまで迷ったんですが、今週頭から急激に好調となっているイシモチにしようと、木曜の夜に決定。

行きたい船宿さんは、鴨下丸さんなんだけど、看板は「メバル」。
模様次第でイシモチになるとのこと。
前日の金曜の晩に状況を確認して、今日もほとんどイシモチ狙いになりそうだったので、伺うことにしました。

5時に自宅を出発し、金沢八景に向かうと、横浜を過ぎる頃には夜明け。
日が昇るのが早くなったなぁ〜と釣りに行くと感じます。(笑)

高速道路から臨む海は、穏やか。
今日は良い釣日和となりそう☆
船宿からのご来光も綺麗です!

hinode.jpg

宿に着いてしばらくすると、ご一緒する約束をしたマッちゃんも到着し、3人並んで左舷艫から並びました。
今日は左舷が一日日陰になっちゃってちょっと寒かったぁ。

定刻出船し、総勢9名を乗せて、まずはメバル狙いとのことで、赤灯前からスタート。
最初のポイントでは生体反応なし。
次のポイントでポチポチと小さいメバルが上がってきました。
ふと隣を見るとマッちゃんがいない・・・。
キャビンを覗くと、お休みちゅでした。(笑)

今日は潮がとっても澄んじゃってるので、メバルは厳しい!(><)
早く移動しようよぉ〜と言う思いが通じたのか(?)、9時ちょっと過ぎにイシモチに釣り物を変更し、猿島沖へ大移動です。

メバル・カサゴが駄目なせいか、今日はイシモチ狙いの船が大船団!

sendan.jpg

イシモチに行って、こんな船団になってるのを見たことがありません。(苦笑)

待ちに待ったイシモチですから、始めればもう夢中です!
魚のご機嫌も良いようで、落としてしばらくするとすぐ当り☆
途中でばらしたのも多かったけど、良い感じで釣り上げられました♪

下げ潮→潮止まり→上げ潮と変化するも、今日は一日中喰い良く、ずっと釣れてた感じでした。
船の流しも大流しで、ずっと釣れてる・・・イシモチの絨毯になってるんですかねぇ〜??猿島沖は。

とは言え、今の猿島沖のポイントが水深65m。
一日手巻きでやってたんで腕がガタガタです。(苦笑)
小型の電動が欲しいと思ったですよ。

最後の最後で良型の一荷を上げ、14時45分に納竿となりました。

結果は、写真の通りクーラー満タンわーい(嬉しい顔)
(このクーラーは私が釣った分だけ)

20080308.jpg

今日の釣果は
イシモチ 43匹(シログチ41匹・ニベ2匹)
メバル 2匹
でした手(チョキ)
posted by うー at 21:52| Comment(6) | TrackBack(0) | イシモチ

2008年01月26日

1/26 金沢八景「鴨下丸」イシモチ

今日は、ぷらり一人旅。

早朝4時に携帯のアラームでお目覚め。しばし布団から出るのを悩んだけれど、昨日の時点で頭も体も「釣り行くモード」だったんで、サクサク着替えて、おにぎり準備して、5時過ぎ出発。

ドキドキしながらハンドル握り、1時間ちょっとで金沢漁港到着。
何とか上手い事駐車も出来て、受付済ませると、今日は5名様のようです。大きな船で、大名釣り!

定刻の7時半出船し、ポイントは八景沖、赤灯前。
好調が続いてるアジ釣りと同じポイントです。
すんごい船団でびっくり!

予報の通り朝のうちは北風の強風でして、海も悪く結構うねってました。ポツポツ釣れてくれてたんだけど。。。

10時半頃から急速に凪いできたら、魚も凪いじゃったort

当りはあるものの、餌しゃぶるだけで食い込まず、食い込んだと思ってもどうやら浅いみたいで、5m〜10m巻くとふっと軽くなること多数。
バラしてばかりで駄目駄目ちゃんでした。(涙)

【結果】
イシモチ 16 
シロギス 1
ハゼ   1

午前中は日も差さずホントに寒くて参りました。
凪で好天じゃないと冬の釣りは荒行になっちゃいます・・・。

帰りの高速は、いつもと違って渋滞なし。スイスイと1時間チョイで帰宅・・・って出かける日じゃないってこと?!(自爆)
posted by うー at 17:30| Comment(13) | TrackBack(0) | イシモチ

2008年01月06日

1/5 金沢八景「鴨下丸」イシモチ

昨日は金沢八景からイシモチ狙いで出かけてきました。

冬場の猿島周り50m〜60mで釣れるイシモチって、脂が乗って最高に美味しいのです☆

今回は、マッちゃんのお仲間さんも含め総勢6名で乗船です!

さてさて、港に着いてまずは荷物を船に置き席取り。
昨日の鴨下丸さんは、続々とお客さんがみえて大賑わいでして・・・
人気の鬼カサゴ・太刀魚船が2艘出しとなり、イシモチ船は2回船が変わり、荷物が移動してたらしい(苦笑)

でも、大きくて楽チンなお船で定刻7時半に出発進行ですぅ!

ポイントは目と鼻の先の猿島沖。
仕掛けを落とすと・・・おぉ深い。
ゆっくり誘いますが、うんともすんとも言いません。
生体反応なし・・・。(汗

船長も移動しながら流してくれますがなかなか難しい展開の様子です。

上げ潮に変わる頃からポツポツと釣れ始めました。
当りは結構頻繁にあるんですけど・・・喰い込まないんですよねぇ。
ほんのちょっと送ったり、すんごいゆっくり聞き上げながら何とか掛けました。

結構頑張って18尾で終了。

後半ふくさんが連荘、連荘。2本竿を交互にしならせガンガン釣ってました。

途中、コツンと当りが来て、スーッと仕掛けが引き込まれるような感触が!!上手く合わせて釣れたのは良型のホウボウ♪
嬉しいラッキー外道でした!

ご一緒した皆さんと大盛り上がりで一日楽しく過ごし定刻納竿。
天気の回復も早まり昼には晴天に。
空気が冷たくてちょっと寒かったけど、宿に戻ったら嬉しいお汁粉のサービスがあり体が温まりました。

今日は昨日の釣果で、自宅で友達とミニ宴会。
やっぱり冬場のイシモチは脂ノリノリで激旨でした。

マッちゃん、LEFTYさん、美人秘書のお2人様、一日お疲れ様でした♪
また是非ご一緒しましょうね☆
posted by うー at 21:17| Comment(3) | TrackBack(1) | イシモチ

2006年10月15日

食材確保なのだ!

我が家で「食材調達釣行」と言えば、ターゲットは「モッチー♪」
と言うことで、昨日生麦の定宿黒川分家さんから出撃。
今回は、前回の釣行で蒲鉾作った話を聞き、是非にという友人2名と、沖釣り初挑戦の友人1名を加え、我々グループ5名で乗船。
他にもお客様がいて総勢8〜9名かな?
右舷は我々で独占しちゃいました。

人数もそこそこ集まったんで、定時より15分早い7時45分離岸。
一路中の瀬「Dブイ」付近に向かいます。
ちょっと北風が強く、鶴見川河口付近から軽く子ウサギが飛んでますが、さほどではありません。(交流戦の時の帰りを経験してるだけに全然へっちゃら!笑)
そうは言っても、船がお初の友人が大丈夫か気になりますが、ちゃんと酔い止めを飲んでたようでOKみたい。

30分ほどでポイント到着し、早速開始!・・・・・・・・が、全然潮が流れず、当たりなし。(涙)
時々当たるも、相変わらずの早合わせの癖でかけられず、追い食いもしてこないのでチャンスを悉く自分で潰してしまいます。(号泣)
何とかポツポツ釣って、1時過ぎまでに7匹ゲット。

あんまり食いが渋いので、船長この時点で小柴沖に移動決断しました。
小柴沖では、中の瀬より当たりはあり上がるモッチーも良型ばかりだけど、やっぱり食いは渋い。

ポツポツとやっている時に、いきなりドラマはやって来ました!
今思い出すと、その時仕掛けを下ろしている間に「ゴツ、ゴツ」と何かが当たってました。でも針係はせず、「何だったんだろう?」と思ってたんですね。
で、ゆっくり誘っていたら、船長が流し変えのアナウンス「はい、上げてぇ〜」の声がかかります。
「は〜い」とばかりに錘をフワーッと持ち上げてリールを巻こうとした瞬間、「ゴツン」とすんごい当たりと同時に「ガガガン」という引き。
手持ちのLT竿が胴からすんごい曲がってます。
竿を引き込む力が、モッチーと違うので、「何?何?何?」って感じ。周りは皆仕掛けを回収してるし、魚が掛かっていることの焦りと早く仕掛けを上げなくっちゃっていう焦りで半パニック(汗
海面に姿が見え始めると、「赤い!」「うぁ〜鯛だぁ!!」「大事に大事に!」って声をかけてもらいつつ、無事取り込み♪
船長も「写真写真!」って、中乗りさんに指示。で船宿さんの釣果報告欄のショットとなりました♪即効〆てクーラーへ。

その後ポツポツ追加して、モッチーは14匹で終了。
ほとんどが良型(25cm以上)なので、数はそこそこでも嵩は十分です!

頭の中は、夕餉のメニューでグルグル状態(笑)
帰りの車中でも、どうするぅ〜どうするぅ〜でございました♪

ご相談に乗っていただいたホンビノス貝さん、ありがとうございました♪
ご教授いただきましたとおりにしましたら、メチャウマァ〜でございました。
料理は別日記にて(^^v
posted by うー at 14:35| Comment(4) | TrackBack(0) | イシモチ

2006年09月18日

モッチーに会いに♪

昨日は、横浜生麦より出撃してきました。
釣り座は右舷ミヨシに旦那様、その隣に私・・・。お客様9名で出発です。

ここのところ、白ギスの食いが悪く、白ギス&モッチーの両狙い。
ポイントは東京湾中の瀬。水深20m前後という感じ。

8時出船、8時半実釣開始。
今日は、白ギス用の和竿(スピニングリール装着)とモッチー用にダイワのアナリスターライトゲーム(小型両軸装着)の2本構え。

ライトゲームを置き竿にして、和竿でチョイ投げ。旦那様は置き竿でモッチーをコンスタントに釣り上げていき、和竿でモッチーと格闘。
なんかすごい楽しそう。

私はと言うと・・・当たらない(涙)
錘がなかなか落ちつかず四苦八苦、後ろの方とお祭り乱発・・・ort

12時の時点で白ギス2匹。
やばい!やばすぎる・・・。

私「なんか、釣れない神様が憑いてるみたい・・・泣」
旦那「こっち来ないで、しっし!」
げげーーーーー(><)

スタートから12時までの間に数回ポイント移動して、12時過ぎに最初のモッチーが比較的上がったポイントに戻ってきたので、私は狙いをモッチー一本に切り替え、和竿は納竿。ライトゲームを小脇に抱えマジモード。
これが功を奏して、入れ食いモード突入!!
昨日は、釣れたポイントのモッチーの活性は比較的高くて、乗せ損ねても、再度錘を落とすとまたガツガツ当たる。
猛スパートで13時10分までに12尾ゲット♪
その後小一時間ポツポツ状態になるも、14時過ぎから再度活発モード。
結果22尾で終了。

頭では分かってるいるのに、やっちまう早合わせ・・・
ビク バシッ!・・・・・・・・・・・・・・
掛けたら高速巻き!
今日はフグ様じゃなくて モッチー狙いなのに
旦那様に隣で、「違うだろぉ〜」って爆笑されました・・・(号泣)
こんな釣り方ですから当然バラシも多かったです(反省

一日の内、好調な釣れっぷりだったのは正味2時間強程度。それでこの釣果なら大満足♪
手返しをスムーズにこなす良い練習にもなりました。

釣れた端から、のど元をはさみでチョキンして血抜きし、海水氷水入りクーラーに即効入れたので、この時期にしては全然臭みもNOTHING!!
夕べ早速湯引きにしたけど美味しい♪

二人分の釣果は合計で50匹。大きさも22cm〜30cmオーバー主体♪
かまぼこ、さつま揚げ、干物などなどお料理も楽しみです!

ちなみに今夜は「モッチーのしゃぶしゃぶ」の予定♪
posted by うー at 09:35| Comment(4) | TrackBack(0) | イシモチ

2006年09月17日

連チャン!

昨日は、修行
今日は、食材調達!

イシモチ釣りに出撃です。
フグ釣りの皆様も頑張って下さいね!
posted by うー at 07:58| Comment(4) | TrackBack(0) | イシモチ

2006年04月08日

半日(午前)のイシモチ釣り

今日は先週の反省を生かして、5時ちょっと過ぎに自宅出発。
6時ちょっと過ぎに金沢漁港到着。
既に船宿前の駐車スペースはいっぱいだと言う。
げ!と思ったら、どうやら「午前メバル」のお客さんで賑わってるらしい。ほっ。(^^;

トモも含め後ろの方をグループの方が既に抑えていたので、今日は左舷ミヨシから3席確保。

準備しながら、電車で来る釣り友を待ちます。

船長としばし歓談。先週は酷かったよねぇ〜なんて話してたら、船長自ら「変な道具持ってる人いないかチェックするね!」なんて言いつつ、「今日は皆紳士的なお客さんっぽいよ」との事。

7時15分に釣り友さん到着。乗船して出発!!

ポイントは今日も猿島沖です。最初は47mくらいの深さのところで、徐々に浅くなる駆け上がりで狙います。
コツコツあたる・・・でも、合わせ損ねるとシーーーン。汗
ひたすらその繰り返しで、イシモチの姿が拝めせぬ。
隣でパパが3尾ポンポン上げてるのに。
最初のポイントでは私は「0」。やばいかもぉ。

次のポイントに移動すると、今後は55mくらいの水深。
しばらくしてやっと姿が見えました。
結構良い型♪

その後、数回ポイント変えて行き、ポツポツと上げていきます。

9時くらいから風がビュービュー状態になってきましたが、波はうねらなかったので何とか最後まで頑張れました。

結果8匹。

今日のイシモチは、当たるけど食わないと言うか、食いが浅い感じで難しかったです。
上にも書いたけど、乗せ損ねると、もう食ってこないと言う感じでした。

対象が何でもそうですが、その時その時で違うのが面白いし、奥が深いですねぇ〜。
何よりも自作の仕掛けで釣れたのが嬉しい♪
posted by うー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イシモチ

2006年04月01日

沖釣りでブチ切れた今日の釣行記

タイトル長すぎ!ですが、だってホントにそんな釣りになってしまったんですもの・・・(T_T)

今日も毎度の事ながら、金沢八景「忠彦丸」に向って、自宅を5時半ちょっと前くらいに出発。
もうこの時期は、その時間でもお日様が昇ってきてて、ご来光を見ながらドライブ♪良い釣り日和だねぇ〜なんてルンルン気分で到着。すっかりスタッフの人にも顔を覚えられて、「今日は何ですか?」なんてニコニコされ「今日はイシモチ!」と大きな声でお返事。

車を船宿傍まで入れるように指示されて、そちらに移動し、準備して受付。トモは既に取られていて、ミヨシが空いていたけど、そんなに混まないだろうと思い、右舷の真ん中あたりの席札を選択した。(コレが判断ミスだったね)

今日は竿もリールも筆下ろし♪

なんて、ワクワクドキドキしてたら、出船は7時半の予定で、7時を過ぎたあたりからぞろぞろとお客が増えてきて、結局片舷11名程度の状況・・・。ちょっと汗が出てくる。

で、左右を見渡すと、私の左隣の隣のおじちゃん、なぜか電動リール。え?イシモチだよ???いくら水深40m〜50mを狙うって言っても・・・と更に嫌な予感。

ポイントは猿島沖なので、出発から15分〜20分程度の距離。早速実釣開始!は良いのだけれど、電動リールのおじちゃんの糸がやたらと、右へ右へ(船の後方に向って)流れてくる。船が徐々に進みながら流しているから、確かに皆右に流れるんだけど、どう考えても異常。
良くみてると、着底したらそれを維持したいのか、とにかくずるずる糸を出し続けてる。
それじゃ、お祭りしちゃうじゃん・・・。やっぱりですよ。
ミヨシから3人目のそのおじちゃんと、後ろの方でお祭り多発。当然間にいる私たちも巻き込まれ…釣りになりませぬ(><)
今日はただでさえ潮が早かったから、性質が悪い。
でも、数回同じ事があれば、気が付くよね?普通・・・。
皆お祭りを気にして、糸を出しすぎないように、こまめに底を取り直してるんだから、同じようにやってくれーーー!(心の中でつぶやいてみる・・・)

でもね、半日釣りは短時間の勝負だから、さすがに我慢の限界!直接人に文句言うなんて初めての経験だったよ・・・汗
私「糸出しすぎたら後ろとお祭りしちゃうんだから、底取ってよ!」
おじちゃん「分かってるよ!」
アーそうですか!と自分の席に戻って見てると、相変わらず糸出してるじゃん!!

更に、後で分かったことだけど、このおじちゃん「50号」の錘で釣ってたらしい・・・。(呆れた)
船の反対側の後方とお祭りした時に錘が釣り上げられて、誰かが50号を使ってることが判明!船長が即座にアナウンス、「錘は30号で揃えてください、お祭りの原因になりますからぁ」
おじちゃん、コソコソ錘を買いに行ってましたよ。

それ以外にも25号とか使っていた人もいたようですが・・・。
どういうことよ??

朝の絶好調の気分がすっかりブルーになりつつ、船に乗ってた時間の半分はお祭りを解いていた気がする今日の釣行。

お祭りを掻い潜り、一度の1荷ありで、11匹釣り上げ、1匹誰かとお祭りした時のをそのまま頂いて 全部で12匹・・・。

結果はまずまずなんだけど 何か後味の悪さが残る釣行でした。イシモチ釣りで、こんなにお祭りしたことなかったし・・・。いつも行ってた船宿は常連のベテランさんが多いところだからなのかな??釣り座が今日より狭くてもこんな酷い状況になったことないよ。(><)
posted by うー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | イシモチ