2006年05月13日

5月なのに極寒の中の釣行記

本日は釣りの仲間のイベントで カサゴ釣りに参加してきました。

天気予報では、午前中くらいまで雨も降らずに持ちそうだったし、波は穏やかそう・・・ちょっと気温が低いけど防寒対策すれば大丈夫だろうと思っていました。

本日お世話になるのは、金沢八景の「新修丸」さんです。
通年でカサゴを専門にしてる船宿さん。
6時40分に船宿さんに到着。
すでに皆さん到着してる。w 気合入ってます!

予定時間より少々早く出発したら、とたんにポツポツ・・・。
おいおい、最初から雨かよぉ〜(涙)

最初のポイントは、横須賀沖。
ちょこちょこ移動しながら拾い釣りって感じ。
今日は大潮で潮も早かったので、あっちこっちでお祭り。
ご迷惑かけた皆様、すいません。

その後猿島沖近くまで移動していきます。
雨が強くなったり、弱くなったりの繰り返しと、風も吹いてるので、体がどんどん冷えていきます。

11時位に、船長が本牧沖まで移動するとの決断。
そのころには、ウェアがたっぷり雨を吸込んでえらい状態になってました。

本牧沖では、かなりの起伏のある根回り狙い。
入れる度に、下針が切れたり、錘ロスト・・・。
全然釣りになりませぬ。ここで釣れれば、さっきより型は良さそうなんだけど、全然駄目で、11時の移動前に釣り上げた5匹(チビカサゴ)で今日の釣りは完了(涙)
寒さと度重なる根掛で、最後はすっかりへこたれてました。

あまりの寒さに2時に早上がりとなりました。
あの雨と寒さの中でも負けずに皆すごいです。
とりあえず、全員型見れて良かった♪
今度こそ、この仲間のジンクス打ち破りたい>悪天候&貧果
posted by うー at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 釣り
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/685260

この記事へのトラックバック