2007年01月22日

東京湾シロギス釣り

昨日は某SNSコミュのイベントで生麦の船宿から出発。
ポイントはまさに東京湾のど真ん中、中の瀬。
今、そこそこ釣果が出てるのがシロギスしかないせいか、結構船がいましたよ。

仕立ですから、本来は貸し切りなんですけど、悪天候で乗合のお客さんが2人いて、混ぜてくれって事になりまして、総勢16名(副船長、中乗りさん含め)の釣師を乗せておりました。
昨日の陽気ですから、おそらく中の瀬で1番人が乗ってる船でしたね。

さて30分程でポイントに到着し、釣り開始。
なんか反応が渋い。
当たりも小さいし、吸い込んだ餌もプッと吐き出しちゃう感じで、結構すっぽ抜け・・・。
おまけに二枚潮で糸があっちこっちに行き、お祭り多発。
風も強くてキャストすると仕掛けが手前祭で参りました。
実は6個くらい使った(汗)

あまり遠くにキャストしないで、小幅に誘い、しばらく当たりを待ちの繰り返しで、私は何とか22匹をゲット。

爆釣してる常連さんを見ると、何だかカワハギの叩き釣りのような誘い。
カシュカシュ動かし、しばらく(10秒くらい)待つの。
えーー?!と思って見ているとポンポン釣れてる。
隣の隣にいた仲間が真似してみると、面白いように入れ食い。
すごーーー!!なんだ、なんだ??って感じ。
冬場のシロギス初めてだったんだけど、釣り方が変わるのかな??
でもやはり基本的に活性は低くて、カワハギ同様餌を食わせる時間をうまく作れないと釣れないみたい。
更に真似しようとした隣の仲間は、錘を落ち着かせられなくてドツボにはまってた?

そんな状況の中、皆さんもそこそこ釣れて、寒かったけど、よかったです。
船宿手配の裏幹事だったので、ホッとしました。(苦笑)
恐らく昨日の船中合計は450匹前後。
常連の名人は別として、皆で魚を分け合ったって感じでしょうか。
それにしてももうちょっと数が欲しいところかな?(欲張り 苦笑)

家に戻り、鱗取りして、やや小型の物を天ぷら用に背開きに。
やっぱり冬のシロギスは美味しい!
2人分の釣果で数日は楽しめそうです。

ちなみに今晩は、久々にしゃぶしゃぶと糸造りのお刺身。
夏場より身も締まって脂も乗って、ホント美味しいですね!!
posted by うー at 20:38| Comment(5) | TrackBack(0) | シロギス
この記事へのコメント
キスは冬のほうがウマイと思うですよ。
十分に冷えて持ち帰れるから(笑)
テンプラは小型に限ります。
背ビレなどがホネっぽくないから食べやすいです。
ふゆのきすはうまい。 フユノキスハウマイ。
Posted by 仁兵衛丸 at 2007年01月22日 22:57
キスって馬鹿にするけど、
何にしても美味しいですよね。
刺身とか大好きなんですが、面倒くさがりなんで処理がね。
それ以前に鱗があるから持ち帰れないけど。
Posted by ご隠居 at 2007年01月23日 07:55
ウロコと皮と内臓とフルコースの下ごしらえの後に、一気に食べるシロギス。

下ごしらえ2時間、食べるの5分。

これがシロギスの醍醐味。
でも、カミサンには釣ってくるなと言われる。
釣れないと、釣って来いって言われるんです〜
Posted by ハル父 at 2007年01月23日 11:10
この時期のキスって食べたことないけど旨いんですか〜

脂の乗る魚じゃないのであまり味はかわらないと思ってました。
Posted by ゆう at 2007年01月23日 12:38
>仁兵衛丸さん
ホント、フユノキスハウマイ!(笑)
小型と言ってもそれなりの良型なんで、食べ応え十分でした♪

>ご隠居さん
家では、天ぷら、お刺身、湯引き、しゃぶしゃぶ、カルパッチョ、酢締めして手まり寿司・・・などなど。
下処理の手間はかかりますが、重宝するお魚です(^^v

>ハル父さん
数が多いと、下処理が・・・ですよね。
嫌になると、実家に持ってちゃう!(笑)

>ゆうさん
この時期が一番美味しいかもです。
冬場は初めてだったんですよ。今回。
あ、12月の忘年会の前日も私は行きましたね!(笑)
脂がノリノリですよ、夏場と異なり。
Posted by うー at 2007年01月23日 20:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/3143897

この記事へのトラックバック