2009年01月12日

1/11 金沢八景「忠彦丸」陽だまりLTアジ&イシモチ五目

それは、旦那の前日の一言「しめ鯖食べたい」から始まったのです。

この三連休、持ち帰りの仕事を淡々とこなす予定がこの一言で急遽変更。
慌ててノルマをこなし、一部データの到着が遅れる旨の連絡が入った事を幸いに、沖に出ることにしました。
しかも、単独釣行。

鯖が欲しいけど、朝出船のビシアジは行きたくないし、自分で往復運転となると金沢八景が限界。
つーことで、忠彦丸に決定!
タイトルのプランの名の通り、陽だまり釣行なので、10時出船。
寒いのもこれなら何とかなりそうです。

さて、日曜日の7時半に家を出て、途中買い物して9時前には現地着。一番乗りなんで、席は選び放題。
予報は北から西に風が変わるとの事だったので、左の艫にしました。

定刻、7名(内1名は小学生)で出発し、15分ほど走ってポイント到着です。

まずはアジから。ちょうど潮止まりの時間帯で渋い。
船長指示の棚は底から2m。同じ左舷で隣り合わせた親子は渋いながらもポツポツ上げているのに、私全然ダメ。
棚ボケしてるんだと思って色々調整するも、やればやるほどドツボに嵌ってるようでして・・・最初の1時間半くらいバケツが空っぽ。

上げ潮がききはじめてやっと型が見れましたが、その後もポツポツで、結果14匹でした。

13時半にイシモチのポイントに移動しましたが、こちらも喰いが渋く、餌をおしゃぶりするんだけど、しっかり喰ってこない状態。
何とか6尾ほど釣り上げて納竿となりました。

予報に反して、昼過ぎから東の風になり終日日陰でしたが、風が微風だったおかげで、さほど寒さは感じず過ごせました。

帰りがけに同じ漁港の別宿から仕立で出ていたお友達から貴重なタチウオを分けていただき、食卓が一気に豪勢に!
ご馳走様です。
鯖は釣れなかったけど、美味しいタチウオで何とか穴埋め〜(苦笑)
posted by うー at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | リレー