2009年01月19日

1/17 生麦「黒川分家畑中丸」シロギス

先週の忠彦丸でイシモチ釣りの時に、久々に味わってしまったキスのプルプルッ体験から、行きたい衝動に駆られていました。
都合も無理やり何とかして、疲れた身体に鞭打ち・・・旦那も天ぷらが食べたいと言うので、行ってきました。

あ、旦那は当日は仕事だし、相変わらずの腰痛で船釣り自粛中なので、単独です。

お宿はずっと以前から利用させてもらってる所。しかし、去年は一度も伺ってなくて、超久しぶりとなりました。

ノロノロと出発したので、私は一番遅い到着。広く開いた左舷胴の間に席を取りました。(この時点で、一日寒いのを覚悟)

定刻8時のちょっと前に離岸し、中の瀬に向かいます。
前日の色んな船宿の釣果をチェックしていたので、「え?小柴沖じゃないの?」って思ったんだけど・・・どうやら他のお客さんもそう思ってたらしいです。(ここのところ、数・良型出てるのが小柴沖)

ポイントについて開始早々型を見れますが、ちょうど潮止まりの時間帯で激渋状態。頑張って誘い、ポツポツ釣果を上げていきます。
その後下げ潮が効きだすと、入れ掛り状態や一荷もあって順調に数は増えていくんですが・・・上がってくるのが小型ばかり。なかなか良型に会えません。ホントに時々良い型が混じるって感じ。
沖上がりが近づくと、また潮止まりの時間帯となり、ちょっと延長したけどタイムアップとなりました。

小型が多かったけど、65匹釣り上げました。
私のシロギス一日船での自己記録だと思います。(多分)
天ぷらサイズもそれなりにいるので、とりあえずノルマ達成?!

一日船でシロギスってのは、本当に久しぶり(2年ぶり)でしたが、いやぁ〜楽しかった♪ただ、一日誘ってたんで、今左手首がガタガタで、腕の筋肉バリバリに張ってます(汗

風が予報の通り北→北東で、席が一日操舵室の陰となり、さむーい状況だったけど、気が萎えずに頑張れたんで良かったです☆

でかいのは天ぷら。小さいのは南蛮漬けになりました。
冬のシロギスは、脂ノリノリで旨いぃ〜グッド(上向き矢印)

で、翌日も同じポイントで釣った当該船は、良型揃いだったようですがく〜(落胆した顔)
posted by うー at 20:28| Comment(4) | TrackBack(0) | シロギス

2009年01月12日

1/11 金沢八景「忠彦丸」陽だまりLTアジ&イシモチ五目

それは、旦那の前日の一言「しめ鯖食べたい」から始まったのです。

この三連休、持ち帰りの仕事を淡々とこなす予定がこの一言で急遽変更。
慌ててノルマをこなし、一部データの到着が遅れる旨の連絡が入った事を幸いに、沖に出ることにしました。
しかも、単独釣行。

鯖が欲しいけど、朝出船のビシアジは行きたくないし、自分で往復運転となると金沢八景が限界。
つーことで、忠彦丸に決定!
タイトルのプランの名の通り、陽だまり釣行なので、10時出船。
寒いのもこれなら何とかなりそうです。

さて、日曜日の7時半に家を出て、途中買い物して9時前には現地着。一番乗りなんで、席は選び放題。
予報は北から西に風が変わるとの事だったので、左の艫にしました。

定刻、7名(内1名は小学生)で出発し、15分ほど走ってポイント到着です。

まずはアジから。ちょうど潮止まりの時間帯で渋い。
船長指示の棚は底から2m。同じ左舷で隣り合わせた親子は渋いながらもポツポツ上げているのに、私全然ダメ。
棚ボケしてるんだと思って色々調整するも、やればやるほどドツボに嵌ってるようでして・・・最初の1時間半くらいバケツが空っぽ。

上げ潮がききはじめてやっと型が見れましたが、その後もポツポツで、結果14匹でした。

13時半にイシモチのポイントに移動しましたが、こちらも喰いが渋く、餌をおしゃぶりするんだけど、しっかり喰ってこない状態。
何とか6尾ほど釣り上げて納竿となりました。

予報に反して、昼過ぎから東の風になり終日日陰でしたが、風が微風だったおかげで、さほど寒さは感じず過ごせました。

帰りがけに同じ漁港の別宿から仕立で出ていたお友達から貴重なタチウオを分けていただき、食卓が一気に豪勢に!
ご馳走様です。
鯖は釣れなかったけど、美味しいタチウオで何とか穴埋め〜(苦笑)
posted by うー at 21:25| Comment(2) | TrackBack(0) | リレー

2009年01月01日

謹賀新年

2009.jpg

2009年が皆様にとって良い年となりますように。

今年も夫婦ともどもよろしくお願いいたします。
posted by うー at 16:25| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記